握手する人

医師として成功するためには資産形成策を考えておこう

売上を伸ばす決済手段

カードを持つ人

通販サイトの信頼性も向上

市場規模を大きく拡大しているインターネット通販には支払手段に複数の選択肢が用意されていますが、過半数の6割以上をクレジットカード決済が占めています。代金引換は宅配業者が商品代金と送料を手数料とともに購入者から直接回収し、コンビニ決済や銀行振込は購入者が代金をレジや銀行口座に支払う方法です。いずれも購入者は現金を用意しなければなりませんが、信用に基づく取引のクレジットカード決済はその必要がありません。決済にクレジットカードを使えば商品購入手続きが簡単になるばかりでなく、ポイントも貯められる点でも利用者にとってのメリットは大きいものです。実店舗での買い物以上にネット通販ではクレジットカード決済ができるかどうかという点に店の評価が左右され、利便性ばかりでなく信頼性にも影響を与えます。通販サイトの側でも支払手段にクレジットカード決済が加われば、代金がクレジットカード会社を通じて振り込まれるという安心感が得られるのです。売れる通販サイト作りに欠かせないクレジットカード決済ですが、複数あるクレジットカード会社と個別契約を結ぶには高いハードルが存在します。どのクレジットカード会社も審査が厳しいと言われており、セキュリティを万全にした運用にも高度な技術が求められるのです。現在ではクレジットカード決済代行会社が登場してそれらの窓口を一本化する道が開け、通販事業者ばかりでなく条件次第では個人事業主でも導入可能となりました。クレジットカード決済代行会社と契約することにより、運用コストやセキュリティ対策でも有利となる点は見逃せません。クレジットカード決済を導入するためのシステム開発はもちろん、情報漏洩や不正利用対策も代行会社に一任できます。このような代行会社を利用することでクレジットカード決済が大半の通販サイトで安価に導入できるようになり、取り扱いに躊躇していた高額商品も安心して販売できるのです。